【道の駅に行ってみる】第2回 可児ッテ(岐阜県その2) 

岐阜県可児市の道の駅「可児ッテ」に行ってみた!

可児ッテもよく行く道の駅のひとつだったりします。

国道21号線沿いにあり、志野・織部の道の駅と同じ道上にあるので、志野・織部に行ったときは大体ここも寄ってたりするので、自分の中では2番目ぐらいに寄った回数の多い道の駅。

可児ッテ1

可児ッテの概要

2010年9月18日に開設された道の駅です。

割と田舎のエリアですが、やや開けた場所にある道の駅。

場所も分かりやすく、交通量がそこまで多くない道なので、車での出入りもしやすいです。

この何回も訪れていますが、人入りも多めな印象。

可児ッテ2

・スタンプ

案内所内にスタンプがあったので、押してみた・・・もののやや絵柄がつぶれた感じに。

可児ッテ スタンプ

・可児ッテで買ったもの

可児名物かりんとまん

皮がカリッとしていて、表面の食感がよかったりする饅頭。結構ウマイので寄るとちょくちょく買ってたりもします。1個108円ほどで小売なので、名物系としては買いやすいのも長所。ちなみに下の皿は志野織部で買った皿だったりします。

可児ッテで買ったもの1

関牛乳

岐阜のご当地な牛乳。岐阜の道の駅でちらほら見かけます。また、紙パック版は岐阜県や愛知県のスーパーやコンビニでもちらほら見かけるかも。

同じメーカーの関珈琲は結構ウマかったりします。
可児ッテで買ったもの2

里芋

里芋は可児の特産品で、可児ッテは里芋コロッケといったものも名物として売られています。

可児ッテ 里芋

葉にんにく

スーパーではほとんど見た事の無いものといえば、葉にんにく。春の間ぐらいしか売ってないです。にんにくの芽とは別物。

自分の場合、麻婆豆腐に使ったりします。あんまり日持ちしないので、余った分は醤油漬けにする、といった感じ。

可児ッテ 葉にんにく

野菜類

野菜や果物は種類も豊富に売っていて、他の道の駅と比べてもたくさん置いてある印象。

道の駅にはたまに変わったものが売っている、ということで今回はアピオスというイモみたいなのと、アイスプラントという野菜のようなものを買ってみました。

アピオスは甘味のあるイモといった感じ。普通に茹でて食べてもいいのですが、味噌汁に入れたりするのも良いです。(自分としては味噌汁の具にするのが好み)そして、アイスプラントは何となく葉っぱに酸味のある味でした。

可児ッテで買ったもの3

まとめ的なもの

結構野菜売り場の充実した道の駅。

平日だと外の露店みたいな感じのお店は一部やっていないかな、といった印象です。

【可児ッテの特徴】

・野菜売り場が充実している
・ほぼ年中無休

〒509-0212
岐阜県可児市柿田字杉坪416番地1
【営業時間】09:00~18:00
【営業日】:年末年始12月31日、1月1日 臨時休業あり

【近くの道の駅】 志野・織部、昭和村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする