【食べてみた】・雪印の「CREAM SWEETS ミルクティープリン」

ミルクティープリン1

CREAM SWEETSというシリーズのミルクティープリン。このシリーズは他にもプリンやコーヒゼリーといったラインナップもあるみたいなのですが、いずれもこれを書いてる時点では食べたことがなかったりもするので、今回がこのシリーズは初めてだったりします。コーヒーゼリーも好きな食べ物だったりするので、見かけたら食べてみたいかも。

そしてさらには、ミルクティーのプリンというのも初めて食べるかもしれない。

ということで、ミルクティープリンと検索してみたりもするのですが、チラホラ種類があったり、レシピ的なものが結構あったりするので、そんなにマイナーなものでもなさそうな印象。

ミルクティープリンの特徴

内容量は110グラムで、よくあるカップゼリーくらいの容器に入っております。

ミルクティープリン2

原材料の書いてある部分

糖類(砂糖、異性化液糖、水飴)、乳製品、植物油脂、紅茶、ゼラチン、ゲル化剤(増粘多糖類)、香料、乳化剤、pH調整剤

ミルクティープリン5

栄養成分表の部分

ミルクティープリン6

【栄養成分表示】1個あたり
エネルギー:162kcal
たんぱく質:1.3g
脂質:8.7g
炭水化物:19.5g
ナトリウム:65mg

開けてみた

開けてみると、上側はクリームがどっぷりとしたソース状の層になっており、ひたひたとした感じです。

そして、紅茶の香りもリッチに漂ってきて、まさにミルクティーであるといったところ。

ミルクティープリン3

さっそく食べてみます

ミルクティープリン4

プリン自体は柔らかめのプルっとしたゼリータイプの食感で、食べると紅茶の良い香りが広がってきます。上側の汁気あるクリームとソフトなプリンのコンビネーションみたいな感じで、なかなかなめらな舌触り。プリンにクリームを絡めつつ食べるのはなかなかインパクトのある美味しさだったりします。

甘さに対して、結構紅茶の風味がしっかりしているので、クドい感じも思ったよりなかったりしたのも良い所かな、と思いました。

香りのアクセントとクリームのなめらか感が特徴的なプリンといったところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする