岐阜県海津市のプリン「でんえんぷりん」を食べてみる。

でんえんぷりん1

「でんえんぷりん」とひらがなの素朴な感じのロゴが書かれた、シンプルな感じのプリン。

岐阜県海津町道の駅である、「月見の里 南濃」というところで見つけたプリンです。(何気にこの道の駅には最近よく行ってる気がする)

この手のご当地感のあるプリンを見かけると、とりあえず食べたくなったりするのも、自分としてはよくあるパターンといったところです。

ちなみにこの道の駅では「楽山ぷりん」というのも食べたりしております。

でんえんぷりん2

・でんえんプリンの特徴

メーカーは、岐阜県海津市南濃町のスイーツでんえんというところ。

内容量100ccのプリンで、厚みのあるミニサイズの牛乳瓶みたいなガラス容器に入っており、みためとしてはなかなか高級感のある感じ。

でんえんぷりん3

・さっそく開封

フタの紙を剥がすと、さらにプラスチックのフタが出現。

ということで、これも開封してしまいます。

でんえんぷりん4

開封。表面には黒い粒がポツポツとみられます。ラベルによると、生地の中の黒い粒々はバニラビーンズとのことです。

でんえんぷりん5

・食べてみます

でんえんぷりん6

といったわけで、さっそく食べてみます。

にゅるんとしたなめらかな柔らかさがどちらかというと、ソフトタイプなプリンでありつつも幾らかの弾力もあり、牛乳感が結構強めなのが特徴。プリンの甘味もクドかったりということも無く、サッパリとした口当たりでカラメルソースともよくマッチした味といったところ。

特に牛乳感のある風味が好みでした。

原材料の部分

牛乳、生クリーム、卵、キビ糖、バニラ
でんえんぷりん7

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする