【食べてみた】「ロルフ 薫りとコクのスモークチーズ 激辛ハバネロ」

ロルフ 香りとコクのスモークチーズ激辛ハバネロ1

ちょっと食事中にもう一品がほしい時や、小腹が空いたときには小さいチーズを食べたりする事が多いのですが、その中でも結構気に入ってるのが今回のロルフのスモークチーズ。

何だか見かけるとつい買ってしまうもののうちのひとつです。

・このチーズの特徴

内容量は33グラムのプロセスチーズ。

メーカーは宝幸というところで、チーズ系以外にも缶詰やレトルトものなども作っている会社とあり、日本ハムのグループ企業であるようです。

また、袋を見てみるとロルフというのは、北欧デンマークの伝説的バイキング「キャプテン・ロルフ」から取っているとのこと。

ロルフ 香りとコクのスモークチーズ激辛ハバネロ2

・原材料の部分

ナチュラルチーズ、酵母エキスパウダー、デキストリン、ハバネロパウダー、ガーリックパウダー、乳化剤

・栄養成分表の部分

【栄養成分表示】1袋あたり
エネルギー:115kcal
たんぱく質:6.7g
脂質:9.3g
炭水化物:1.0g
ナトリウム:374mg
食塩相当量:0.9g

・さっそく開封

開けてみると、燻製の良い香りが漂ってきます。

そして、中に入っているチーズはソーセージを短くしたような形をしていて、長さは約3センチ。

ロルフ 香りとコクのスモークチーズ激辛ハバネロ3

・食べてみます

ロルフ 香りとコクのスモークチーズ激辛ハバネロ4

ちょっと噛んでる時点では普通のスモークチーズなのですが、徐々にピリ辛な唐辛子系の辛さがじんわりと出てきます。

激辛か!!

・・・というと別にそうでも無く、まさしくピリ辛級といったところなのですが、そこがまたイイ!!

辛さのみを求めると、肩透かししてしまいそうな辛さともいえるのですが、アクセント的な辛さとしては良い働きな感じで、スモーキーさとチーズのうまみにピリ辛さが加わり、ウマサが三つ巴になったようなバランスがとれた味になっています。

また、1袋6個ほどしか入っていないので、いささか少ない感じもするのですが、値段も100円ほどだったりなので、コスパ的には悪くなかったりもするスモークチーズ。

購入場所:ローソンストア100

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする