実はお気に入りな惣菜パン:「フジパン ちくわパン ツナ」を食べたレビュー

ちくわパンツナ1

最近、ちょくちょくと買っているパンがあり、その名も「ちくわパン ツナ」。

何だかそのまんまな感じの何の変哲もないパンじゃないか?と思えてしまうネーミングではあるけど、実際に何の変哲もないパンです。

しかしながら・・・なんだかちょっと何か食べたい時には、妙にシックリと来てしまうような魔力のようなものがあったりもするパンでもあります。

結構何回か食べたりもしたので、せっかくなのでレビューでもしてみる事に!

・パンの中にはちくわ。ちくわの中にはツナ

この手の菓子パン的な惣菜パンというと、ソーセージが入ってたりするのがメジャーな印象もあったりするのですが、このパンに入っているのはちくわ。

さらにそのちくわの穴の空間も無駄にしてたまるかと言わんばかりに、ツナフィリングが充填されているのが特徴だったりもします。

・カロリーとか

カロリーは1個224kcalとあります。日頃パンのカロリーは気にしたりする事も少なかったりもするのですが、このぐらいのサイズのパン相応といった数値なのかも。

ちくわパンツナ2

・開封してみた

開けてみるとこんな感じの少し丸っこいパン。上側にはマヨネーズと思われるラインが波打っています。

よくこんな感じのパンにウインナーが入ってるのは多いけど、この手の惣菜パンでちくわ入りは意外と種類が少ない気もする。

ちくわパンツナ3

横からもちくわの端っこを目の当たりにする事が出来、さらにちくわの穴にはツナが見えます。匂いもオーソドックスなマヨネーズまじりの惣菜パン的な香り。

ちくわパンツナ4

・切ってみた

切ってみると断面はごくシンプルな感じです。

ちくわパンツナ5

・実食!地味だけど何だかうまいパン

さっそくかじってみると、柔らかめのフニっとした少し甘味のあるパンに弾力あるちくわが芯のよう出てくるのが、何のことはない普通さながらも良い感じを出しています。

思いのほかハッキリと出てくる、ちくわの風味がパンの甘味と噛み合っていて、さらにペースト感あるツナの旨味も地味にマッチしていて何だか一気に食べてしまう味。

・まとめ

  • お手頃感のあるサイズ
  • ちくわが良い感じの存在感
  • ツナがちくわの味をサポート

といった感じで、安っぽさがありながらも、妙に食べたくなる不思議とお気に入りなパン。

これ一個で一食分だとやや少な目な感もあるのですが、ちょっとした間食には、非常によいボリューム感かも。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする