【レビュー】四国乳業・らくれん 8020ヨーグルトを食べてみた!

らくれん 8020ヨーグルト 上側

機能的な要素もあるみたいですが、基本的には味的なレビューをしてみます。

なんだか意味深な感じのネーミングのヨーグルト

8020ヨーグルトと書いて「はちまるにいまるヨーグルト」と読む(フタにそうよみがなが付いている)何とも不可思議なネーミングのヨーグルトで、パッケージはなかなかシンプルで落ち着いたデザインな感じ。

この8020という数値には何か意味がありそうな気もする!

ということで、少し考えてみたりすると、ロゴのすぐ隣に歯のイラストが付いていたりするので、80で「歯を」とかいろいろ思いついたりもするのですが、よく見ると「L8020株使用」とあるので、単に乳酸菌の名前であるようです。

らくれん 8020ヨーグルト サイド

ボリュームは110グラムで、ごくオーソドックスなサイズのカップに入っています。

らくれん 8020ヨーグルト 成分表

早速ふたを開けてみると、中身もごくシンプルな感じのヨーグルトといった感じなのですが、やや質感はやわらかそう。

そして匂いは、ほんのり甘味と酸味感のある普通のヨーグルト的な感じです。

らくれん 8020ヨーグルト 中身1

食べてみた感想

まずはスプーンですくってみると、普通のこの手のヨーグルトと大きく異なるのは、それほど固形感はなくやたらに伸びがよいこと。

すくったヨーグルトを垂らしてみると、まるでトルコアイスのような感じでビヨーンと伸びていきます。

なかなかなめらかそうだ・・・

らくれん 8020ヨーグルト 中身2

ということで、さっそく食してみると、結構フワフワとした食感をしており、甘さは控えめのほんのりとしたスイートさをしています。

また、酸味のほうも穏やかな口当たりをしており、かなり食べやすかったりもするヨーグルトといった感じ。

この酸っぱすぎず甘すぎない感は、自分としてはなかなかいい感じのストライクゾーンなところがあったりするので、地味だけど悪くないぞ!といった感じの味でした。

まとめ

  • かなり伸びが良い
  • フワッとしたような食感
  • 甘さは控えめ
  • ついでに酸味も控えめ

といった特徴のあるヨーグルト。

機能モノとはいっても、そんなにそっけないタイプの味でもなく、トガリはないけど結構うまい!といった感じでした。

ゆるやかな食感のヨーグルトが好きな人にも向いているかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする