日本ルナ バニラヨーグルト を食べたのでレビュー!

日本ルナ バニラヨーグルト パッケージ1

定番(といっても少し知名度は低そうだけど)なヨーグルトの中では特に好きなもののひとつといえば、この日本ルナのバニラヨーグルト。

1993年(平成5年)に発売されているなかなかロングセラーなヨーグルトでもあります。

生クリーム入りで長時間はっ酵が特徴のヨーグルト

日本ルナ バニラヨーグルト カップ
その特徴としては

  • 長時間はっ酵
  • 生クリーム入り
  • マイルドテイスト

といったことがパッケージに書かれています。

なめらかで、酸っぱくないヨーグルトなので好んで食べているのですが、この長時間はっ酵というのが、酸味をおさえ口当たりをよくしているようです。

日本ルナ バニラヨーグルト 原材料

内容量は1カップ100gとごくオーソドックスなボリューム感をしています。

日本ルナ バニラヨーグルト 成分表

食べてみた感想

まずは中身を見てみると、豆腐ぐらいの固さをしたフラットな質感で、色はほんのりと黄色みのある白。

外見上は非常にシンプルで、匂いをかいで見ると、ほんのりとバニラの香りが美味しそうに漂ってきます。

日本ルナ バニラヨーグルト 中身1

さっそく食べてみると、ヨーグルトはまあまあの固形感がありつつも、口どけ感のような滑らかさがあり、つるっとした舌触りが良いです。

チーズケーキとヨーグルトの中間みたいな食感とも言え、伸びの良いタイプではないですが、こういうタイプのヨーグルトとしてはかなりマイルドといえます。

日本ルナ バニラヨーグルト 中身2

味としては、落ち着いた強すぎないどこか丸みのあるような酸味と、じんわりとした甘さがかなり美味しく、私的には随分気に入っていたりもする味。

後味もまったりとしており、ヨーグルトの味に混じったバニラの風味なども、シンプルなヨーグルトにいい感じのデザートらしさを与えているかなといったところです。

まとめ

  • なめらかな口当たり
  • バニラの風味が美味しさを引き立てていて香りも良い
  • 軽めの酸味も良い

という事が長所のヨーグルト。

まったりとした味や食感が良かったりするヨーグルトで、定番的なヨーグルトの中では特に気に入っていたりもします。

割と廉価なのも長所かもしれない。

関連記事【食べてみた】日本ルナ「まるでプリンのようなヨーグルト」
関連記事日本ルナ「夜のヨーグルト ピーチメルバ風」というのを食べてみたレビュー!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする