カップ麺 サッポロ一番 ファイヤーホール4000 菰田欣也シェフ監修 四川汁なし担々麺を食べてみたのでレビュー

サッポロ一番 ファイヤーホール4000 四川汁なし担々麺 上側

ファイヤーホール4000というお店の菰田欣也シェフという人が監修したカップ麺。

カロリー&内容量

サッポロ一番 ファイヤーホール4000 四川汁なし担々麺 側面

内容量は1食109g。

何だ、カップのヨーグルトと同じぐらいじゃないか!・・・と言いたいところですが、湯戻し前なので、完成後はさすがにそれよりは重量もあるかも。

そしてカロリーは488kcalとあります。

サッポロ一番 ファイヤーホール4000 四川汁なし担々麺 成分表

中身をみてみます

袋は3点。湯を切るタイプなので、かやく以外は後入れです。

サッポロ一番 ファイヤーホール4000 四川汁なし担々麺 袋類

続いて麺を見てみると・・・

湯戻し前だと麺はおよそ7ミリほどの横幅をしており、その見た目は時々スーパーでみかけるハナビラタケのようにペラペラとしておりウェーブがかっています。

麺の厚さに関してはかなり薄い作りです。

サッポロ一番 ファイヤーホール4000 四川汁なし担々麺 麺

また、日頃カップ麺を食べまくってるわけではないので詳しいことは分からないのですが、こんなタイプのカップ麺は自分としては初めて見るかもしれない。

サッポロ一番 ファイヤーホール4000 四川汁なし担々麺 開封

完成

とりあえず完成してまだ混ぜていない状態。少しゴツイ感じのノンフライ麺の割には3分の湯戻しと短めです。

後入れの粉末および液体のスープをかけてみるとこんな感じで、赤みを帯びたパウダーからは花椒の香りがしてきます。

サッポロ一番 ファイヤーホール4000 四川汁なし担々麺 混ぜる前

完成後も麺は非常に薄くペラペラとしており、混ぜる前の状態だと、あまりラーメンっぽくもなさそうな外観。

そして、かやくは唐辛子やネギが彩り程度に入っているのと、さらに挽肉がアクセント程度に入っているような構成です。

食べてみたのでレビュー

ということでグリグリとかき混ぜた後、食べてみます。

サッポロ一番 ファイヤーホール4000 四川汁なし担々麺 完成

気軽にズズっとススてみた感じでの第一印象は、意外と辛い!

とはいっても激辛というほどではなく、口がヒリッとくるぐらいのスッキリとしたホットさのある刺激が来ます。油断して思いっきりすすって辛味を帯びた湯気を無頓着に吸い込むと、軽くムセてしまうような辛さといったところです。

また、担々麺でもあるので甘味も帯びており、甘辛の口当たりが麺によい感じに絡み込んでるのはなかなか好みな点ではあるかも。ただ、ゴマはそこまで強くないかなといった印象もあります。

サッポロ一番 ファイヤーホール4000 四川汁なし担々麺 完成2

まとめ

  • 中々の辛味
  • 平ぺったく独特な麺
  • ノンフライゆえの食べ応え

といったことが特徴的なカップ麺です。

こういう平たい麺って、麺が強すぎたりする事がありそうな気がするのですが、よい感じにペラペラなのもあって、そこまで麺の存在感も強すぎたりせずに、タレ味と結構バランス良かったりするのも良いかなといったところ。

自分としては結構好みの食感や味をしており、担々麺というより、辛味の強い麻婆味のタレで食べてるような感覚で食べておりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする