なかなかボリュームあり!安曇野食品 EMIAL 珈琲ゼリー を食べてみた!

EMIAL 珈琲ゼリー フタ

安曇野食品のEMIAL(エミアル)というブランドのコーヒーゼリー。

このエミアルというネーミングには何か意味ある感じでもあるのですが、よくよく見てみるとロゴの上に「笑みある時間を」と書かれていたりもするので、「エミアル」すなわち「笑みある」といった意味があるようです。

縦長でなかなかボリュームのあるコーヒーゼリー

少し特徴的なのは、容器がまるでチルドカップコーヒーのように縦長なことで、ゼリーとしては結構なボリューム感があります。

EMIAL 珈琲ゼリー 表

数字的に見ても内容量は230グラムとあるので、やはり多い!・・・といったわけで、多めに食べたい人にはかなり良さそう。

となみにカロリーは148lcalとあります。

EMIAL 珈琲ゼリー 原材料と成分

カップの裏側にはクリームがリニューアルされたことによりコクがアップしたというようなことが書かれています。

EMIAL 珈琲ゼリー 裏側

開けてみます

フタを開けてみると、濃いめのコーヒー牛乳のような色合いのクリームにカットされたコーヒーゼリーがどっぷりとつかっているデザートです。

匂いは甘味のあるコーヒーの香りで、少しコーヒー牛乳が思い浮かんでしまいそうな感じ。

そして、クリームは液状ではあるもののややトロリとした質感です。

EMIAL 珈琲ゼリー 中身1

食べてみた感想

コーヒーゼリーはプルプルとした柔らか過ぎない食感のシンプルなタイプのもので、食べやすくもある一口サイズ大。ゼリーの歯ざわりと食べやすさが両立してそうなぐらいのよい感じのサイズ感をしています。

また、メインの味ともいえるコーヒーの苦みと酸味はじゅるっとしたクリームソースの甘味で中和されてるのもあり、さほど強くはないかなといったところです。

ゼリー自体には特に甘さは目立つところも無く、それに対してクリームはそこそこ甘いのでバランス的には丁度いい感じの口当たり。

EMIAL 珈琲ゼリー 中身2

まとめ

特徴のようなものを挙げてみると、

  • 結構ボリュームがあり食べ応えはある
  • 苦味と酸味と甘みのバランスは良い
  • クリームに浸かったゼリーの食感が良い

といった感じです。

目に見えて多いので、たっぷりとコーヒーゼリーを食べたい時にはベストかなといったところ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする